ジャスミンの、身軽女子へ脱皮ブログ

世界を放浪しながらモノカキで生きていくことを夢見ているジャスミンKYOKOです。このブログでは、旅費の捻出やモノや考え方から身軽になって世界に飛び立つまでの成長を書きます

ワイマックスお試しが届いた。その中身と使ってみた感想と結果。

f:id:jasminekyoko:20180916211437j:plain

こんばんは。ジャスミンKYOKOです。

「WIMAXのお試し」が届いて、その中身と使ってみた感想、返却までを書きたいと思います。

ズバリ、結論から言うと、WIMAXはしばらく保留にして「docomo光」のまま、固定回線で過ごすことにしました。

 

WIMAXお試しの申し込みのやり方とルールはこちらに書きました⇩

www.jasminekyoko-tabi.com

 

 

9月2日に申し込んで到着したのは9月5日

申し込みの記事で書きましたが、「お試し」は申し込んでから、返却し、UQモバイルに機器が到着するまでが15日間。

9月2日(日)に申し込んで到着したのは9月5日(水)。もし土日を挟んでいたらもっと遅かったと思います。

「返却にもなかなかの日数かかる」と思っていた方がいいでしょう。必然的に返す日にちも十分早すぎるくらいに集荷手続きをした方がいいということです。

試すのは3~4日くらいに思っていた方が安全です。※

※15日間を過ぎると違約金と、機器代すべてを登録のクレジットカードから差し引かれます

 

TRY WIMAXの中身

f:id:jasminekyoko:20180916213139j:plain

箱のフタは分厚いポリウレタン?のクッション製のあるフタがかぶせてあります。

 

f:id:jasminekyoko:20180916213530j:plain

↑こんな風にして入ってきます。この箱もクッション性のある素材です。返却時の梱包の参考になるように、箱に入ってた状態を写真に撮っておくのがおススメです。

 

f:id:jasminekyoko:20180916213802j:plain

中身は、左から、SIMカード、WIMAX本体、USBケーブル、充電器の4点。

 

f:id:jasminekyoko:20180916214027j:plain

↑こういう厚紙のカードが入っているので、箱の中身がちゃんと到着した時にあるかどうかを確かめよう。

今回、クレードル(置いただけで充電できるホルダー)は頼まなかったので「なし」です。

f:id:jasminekyoko:20180916214413j:plain

↑中の書類は5種類。

申し込みを促すチラシ、取り扱い説明書(はじめてガイド)、ご利用の注意、返却時の伝票、使用前に読むカード(一番下)。

返却時に忘れることがないように、到着時、こういう風に写真を撮っておくのがおススメです。

 

早速つなげてみた。簡単設定の仕方

f:id:jasminekyoko:20180916215042j:plain

まず、SIMカード入れから SIMを取りだし、上の〇で囲んだ部分のフタを開けて、差し込む。フタをしっかり閉じる。

 

それから左のボタンを押して電源を入れる。

※到着した時はほとんど電源残ってないので、充電が必要です。

 

f:id:jasminekyoko:20180916215215j:plain

↑カードの説明に従って、小さな穴から先の細いものを入れてリセットボタンを押し、初期化します。

私は爪楊枝でしました(笑)。

 

f:id:jasminekyoko:20180916215501j:plain

↑リセットして、初期化したので 「工場出荷状態」に戻った画面。上下に指でスライドして画面を開きます。

 

f:id:jasminekyoko:20180916215917j:plain

「お試し」で、ただ電波がつながるか、確かめたいだけの人は「かんたん設定」で十分。「次へ」をタップします。

 

f:id:jasminekyoko:20180917093944j:plain

↑WIMAXを正式契約した訳じゃなく、数日で返すのでこの設定は「スキップ」します。

 

f:id:jasminekyoko:20180917094209j:plain

手動設定画面をタップすると、「SSID」と「パスワード」が表示されます。ここを

写真撮っておくといいですね。

 

f:id:jasminekyoko:20180917094435j:plain

繋ぎたい機器(パソコンやスマホ)のアンテナかWi-Fiマークのところをタップすると、キャッチしたWi-FiのSSID(Wi-Fiを提供している企業の登録名など)が出てきます。

そこで上の画面と同じSSIDを見つけ、「接続」をタップします。

自動的に接続するにチェックすると、Wi-Fiルーターの電源入れると毎回のパスワードの入力が不要になります。

3~4日なので毎回手動でいいやという人はチェックを外す。

 

f:id:jasminekyoko:20180918181902j:plain

そのあとセキュリティパスワード画面が出て来たら、ルーターのパスワードを入力。

入力すると「次へ」が表示されるので、タップ。

これですぐWi-Fi環境になります。

Wi-Fiつながった!申し込もう!と思った人は、お試しセットの中に入ってたチラシで申し込むのはちょっと待った方がいいです。

UQモバイルの公式から申し込みするより、代理店の方が絶対お得です。色んな代理店があるのでキャッシュバックや特典を比較してから申し込みましょう。

ブロードWIMAXのHP

GMOとくとくBB

↑ブロードやGMOとは代理店の名前

 

WIMAXのお試し結果

 自宅でパソコン、スマホ、問題なく使えました。アンテナもすべて立ってました。

ただ息子のオンラインゲームを試してもらったところ、画面の切り替わりとキャラの動きが鈍くなりました(^▽^;)。

パートナーK氏に外で使ってもらった所、地上でもたまにビルの間が使えなかったのと、地下街では全然使えなかったという結果に・・・・。

早急な必要性もないので、今回は保留にしました。

他のサイトでも見かけたけれど、やはり「オンラインゲーム」と「株のトレード」なんかは、固定回線の方が安心のようですね。

インターネットしかされない方はこのお試しでつながったら、申し込んでもいいと思います。月々4000円弱になりますからね。ぜひ、公式ではなく、特典が多い代理店からの申し込みをお勧めします。

ブロードWIMAXのHP

GMOとくとくBB

↑ブロードやGMOとは代理店の名前

 

「docomo光」は月々5600円。

WIMAXが良かったら、2台借りて同じくらいの値段なので、出先で使う人が持って出駆けるようにしようと思ったけれど、もうしばらく、様子みることにしました。

固定1つと、WIMAX1台持つというのが一番いいだろうけど。(^▽^;)

息子が2年後、社会人になった時にまた再度考えよう。docomo光も2年縛りなので。

 

 

返却時の注意点

佐川急便指定のため、営業所が近くにない場合は基本「集荷」を頼むことになります。佐川の営業所は便利なとこにはあまりありません。

集荷は朝9時~17時までの間になるので、家に誰かいなくてはいけません。そのことも踏まえてとにかく早めに返却が大事です。

2~3日試したら 家族に集荷の受け渡しできるものがいるか確認して、佐川に連絡する。

返却した方がいい最終日くらいに一応、UQモバイルがメールではお知らせしてくれるようですが。最近は災害も多いし、物流が遅れることもしばしば。

メールをあてにせず、早めの返却を心がけましょう。

来た時と同じように梱包したら、伝票をポケットに差し込んで、集荷してもらったら、終了です。

後は到着メールが来たら、無事終了です。