ジャスミンの、身軽女子へ脱皮ブログ

世界を放浪しながらモノカキで生きていくことを夢見ているジャスミンKYOKOです。このブログでは、旅費の捻出やモノや考え方から身軽になって世界に飛び立つまでの成長を書きます

【DAPPI小話】シンデレラの靴が豹変。地獄への階段を降りることになった日曜日

 f:id:jasminekyoko:20190407200401j:plain

 

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

友達が、私の身軽女子へのDAPPI話に影響され、自分も家のDAPPIを始めてみたらしい。

「そうそう、ジャスミン、サイズ同じだったよね?高かったけど1度しか履いてない靴があるの。

もしよかったら、もらってくれない?

合わなかったらメルカリで売っても、捨ててもいいから」といい、パンプスを持ってきた。

メルカリでDAPPIしたものを売ったりはしてたけれど、人の物まで売ってあげるお人よしは最近、しないようにしてた(笑)けど、サッパリした友達だったので、なんとなく引き受けた。

箱を開けてみたら、本当にきれいで、高そうな靴だった。

でも見た目が幅がすごく細かったので、「あー私にはムリだなあ」と、まずはフリマサイトに載せてみようと思い、写真を撮った。

他の友達と食事の約束をした日、その日着た服を見たら、「あ、あの靴合いそう、痛かったとしても、数時間だし底はペタンコな靴だし、大丈夫だろう。

痛かったら、すぐサイトに載せたらいいんだし」。

 

 

外で初めて履くそのパンプス。

家から自転車に乗って、いつも利用する駅に行った。

自転車を停めて、数歩歩いた時、パンプスの底に枯れ葉がいっぱいついた。

ん?ガムでも踏んだ?

気にしながらも駅のホームに着く。

電車に乗って目的の駅に着いてから、枯れ葉を取ろう。

電車に乗ってる間も、床とくっついてるような感じを受けた。

???

駅について、舗道の縁石に底をこすりつけたら、大きな黒い塊が落ちた。

え??何、今の?

右のかかとの底が半分落ちたのだった。

うそーーーーーー!!!

顔面蒼白になった私。

その駅から歩いて10分のところにレストランはある。

ガムと思ってた。靴底のゴムが劣化してるんだ!

歩き始めたら、私があるく歩道に黒いかけらが落ちて行く。

ヘンゼルとグレーテルはパン屑だけど、私は靴底のかけらを撒きながらレストランへ向かった。

あーーーーレストランにちゃんと着けるの?私??

底が全部抜けたら、裸足で行くの?

か、帰りたい・・・。

たった10分。レストランへ行くのにこんなに恐怖を感じたことはなかった。

レストランまで靴はもってくれたけれど、最悪なことにビュッフェだった・・!

と、取りに行きたくない・・・(T_T)。

なるべく一回ですむように1つの皿に大量に載せた(笑)。

事態はそう甘くはなかった。

私は無事に着いたのと、1皿目を食べてしゃべっていたら一瞬忘れてしまっていた。

つい、デザートを取りに行ってしまい、自分のテーブルに戻ってきた時、恐ろしいものが目に飛び込んできた。

私が座ってた椅子の下に黒い山が出来ていた。

このレストランに歩いて来たことで、靴はとうとう力尽き、底がすべて粉になっていたのである。

・・・・・・!!!!

会話は上の空で生きた心地がしなかった(笑)。

レストランの床に謎の黒い粉の山を置いてきてしまった・・・ごめんなさい(;_;)/~~~。

もうゴム底がすべてなくなった靴。

あとは、自分の足を載せている皮が抜けたら、裸足・・・。

そんな恐怖を抱きながら帰ってきた。

あれは数年じゃなく、十年は寝かせていた靴に違いない(^▽^;)。

ゴムが粉になるのを初めて見た(笑)。

やはり、靴も服も旬の時に使って、旬のうちに売るのが鉄則ということだろう。

メルカリで売らなくてよかった・・・(;^ω^)

私の評価がダダ下りするとこでした・・・・。

DAPPIする者のいい教訓になりました( ̄▽ ̄)。たははは

衝撃を与えぬよう、そろりそろりと歩いていたので、疲れまくった私であった。

「買ったらすぐ使う 使わなかったらすぐ売る・捨てる」

これを教訓に身軽女子がんばります(笑)。あははは